パソコン新庄ネットコム

Excel初心者必見! Fキー(ファンクションキー)の機能を覚えよう

Excelは、ビジネスや日常生活で広く使われる表計算ソフトウエアです。
データを整理し、計算を行い、グラフやチャートを作成することができます。

Excelを使いこなすには、機能を知り、効率的に操作することが必要です。Excelには多数のショートカットキーが用意されており、その中でもFキーには多くの便利な機能があります。
この記事では、Fキーで仕事の効率を上げるための使い方を解説します。
Excelを使って作業をする際に、ぜひFキーの機能を活用して作業を効率化しましょう。

目次

Excel Fキーの機能一覧

Fキー機能
F1Excelのヘルプとアシスタントを表示します。
F2セル内のテキストを編集します。
F3名前を定義します。
F4相対参照を含むセル参照を絶対参照に変更します。
F5特定のセルまたは範囲にジャンプします。
F6ワークシート、リボン、およびエクスプローラーウィンドウを切り替えます。
F7スペルチェックを開始します。
F8拡張選択モードを有効または無効にします。
F9式を再計算します。
F10リボンの表示を切り替えます。
F11グラフを新しいワークシートに作成します。
F12名前を付けてブックを保存します。

特に覚えたほうが便利なのが F2 F4 F12 になります。

これらの機能は、Excelのバージョンや設定によって異なる場合があります。
また、Fキー以外のキーにも様々な機能が割り当てられている場合があります。

ぜひ一度利用して、Excelの操作を楽に行えるようにしましょう

Fキー(ファンクションキー)が使えない?

ExcelでFキーが機能しない場合、下記のような原因が考えられます。

ファンクションキーがロックされてい

ノートパソコンやキーボードの種類によっては、そのままファンクションキーを押しても反応しないものがあります。ファンクションキー(F1、F2、…)の動作を切り替える「Fn Lock」キーがあります。この機能が有効になっていると、Fキーが通常の動作をしません。通常は「Fn」キーと「Esc」キーを同時に押すことで切り替えられます。

左下のキーボードに「Fn」がある場合は「Fn」を押しながら「Fキー」を使用します。

ファンクションキーを単体で押すと、画面の明るさや音量調整の画面が表示されることがあります。これは、Fキーよりメディアキー設定が優先されているからです。
下記のようなキーボードでFキーのほうが小さく表示されているものは注意しましょう。

F(ファンクション)キー キーボードの例

上記のキーボードのように「Fキー」に別の画像もついている場合は下の「Fnキー」と同時に押して使いましょう。

Excelの代表的なショートカットキー

さらに代表的なExcelのショートカットキーを10個紹介します。

キー機能
Ctrl + C選択したセルやオブジェクトをコピーします。
Ctrl + Vコピーまたはカットしたセルやオブジェクトを貼り付けます。
Ctrl + X選択したセルやオブジェクトをカットします。
Ctrl + Z直前の操作を取り消します。
Ctrl + Sファイルを保存します。
Ctrl + F検索ダイアログを表示します。
Ctrl + B選択したテキストを太字にします。
Ctrl + I選択したテキストを斜体にします。
Ctrl + U選択したテキストを下線付きにします。
F2選択したセルを編集モードに切り替えます。

Excelでよく使用されるショートカットキーの中でも特に頻繁に使われるものです。
こちらを覚えておくことで、作業効率がアップします。

合わせて覚えましょう。

目次